OwaiKnight

インタビューバトンで世界を繋ぐWebマガジン 

魅惑的なバーレスクダンサー”Aya”

Interview Baton #6 “Aya”

アパレルの店員からバーレスクの世界へ飛び込み、日々口惜しさで泣いて帰る日々。今ではステージに立ちプロのバーレスクダンサーとして人々に感動と華麗なる世界を体験させてくれるAYAさん。

彼女がそもそもバーレスクの世界に興味を持ったのは、とあるライブステージで初めてバーレスクのショーを見て感銘を受け、ダンサーに「私もやりたい!」と言ってバーレスクの世界に飛び込んだらしい。

バーレスクダンスとは1つのストーリをダンスで表現し、その中で女性の輝かしさや優雅さ、喜びや悲しさを伝えていく。「その中で脱いではいくが『いやらしさ』ではなく女性特有の『セクシー』さを表現するんです」とAYAさんは話す。

出演先が衣装を用意したり、ダンスの振り付けもある程度決まっているのかと思ていたが、衣装は自分で手作りでダンスの振り付けも自分でイメージを膨らませて完成させるようで、出演がない日は、衣装作りやダンスの練習に追われる日々。華やかな世界だが、見えない裏側では苦労する部分も伺える。

現実問題、収入は「出演料+チップ」のみ。ショーのできばえ次第でチップの量が決まる。また、自分の緊張であったり楽しさといった自分の気持ちがステージに立つと客に伝わるらしく、それが「客の反応」としてそのまま結果として返ってくる。反応がいい時は体が火照り、逆にあまりよくないときは自分の熱量もそれほど上がらないとAYAさんは言う。すべてを自己プロデュースするため、ダイレクトに反応が返ってくる厳しさが、それでも「 以前のアパレル店員時代より日々充実しているんです」と満面の笑顔で話してくれるAYAさん。

「魅力」を言葉で表現するのは難しい。良かった、悪かった。どう良かったのか、どの点が悪かったのか。バーレスクダンサーとして活躍するAYAさん自身も、バーレスクの魅力を一言で表現する言葉は見当たらなかった。

なんも前触れもなく突然、「今やっていることの魅力を一言で例えると何ですか?」と言われた時、あなたならどう答えるだろうか?きっと考え込んでしまうだろう。きっとバーレスクの感動や衝撃は実際に自分の目で見たものだけが知ることができ、現場の臨場感はどんなに素晴らしい設備にも勝るものがある。

自分の勝手なイメージだけで批評するのは何の意味もなく、自分の小さな世界だけに閉じこもってしまい、そこには何も生まれない。少しでも興味を持ったら、行動し失敗を恐れずにチャレンジしていくべきだ。そこには苦悩や挫折、想像もできない苦難があるかもしれない。それに打ち勝ってこそ、人生がより充実したものになり、楽しいことを素直に楽しく思える。実際にAYAさんがそうであるように。

今まで味わったことのない感動や見たこともない華やかさを体験したいと時は是非AYAさんが出演するショー「バーレスク」に足を運んでみてはいかがだろうか?

実はAYAさん、バーレスクダンサーとしてだけではなく、バイカーであり、バックパッカーとして世界を旅してまわった経験の持ち主。そんな彼女が魅力ある国のひとつとして挙げるのが「イスラエル」。中東の国であること以外、知る人はすくない。正直な所、文化的情報が入ってきにくい遠い国だけに馴染みが薄い。現地へ旅した際、イスラエルの魅力に取り付かれ実際に住んでいたAYAさん。そんな彼女が語るイスラエスの魅力やそこで得た独自の人生感、好みの男性のタイプなどポッドキャストでお届けしているので、是非聞いてほしい。

※ポットキャストのページ下への「OwaiKnight FM」にて


バーレスクダンサー「 aya.mermaid.yumiko 」

出身:石川県能登半島

出演依頼 お問い合わせ E-Mail: aya.mermaid0114@gmail.com

ブログ: https://ameblo.jp/ayamermaid-yumiko/


PODCAST for

the “OwaiKnight FM

パーソナリティー; Nostalgic Bik タケゾウ